東京で不用品回収なら

株式会社スマップ

東京都杉並区和泉1-45-12 2F

電話受付8:00〜20:00 年中無休

無料お見積り実施中

お気軽にお問合せください

ゴミ屋敷(汚部屋)の片付け方のご紹介

弊社によるゴミ屋敷の片付け作業風景

作業前

作業中

作業後

昨今、弊社でもご依頼が増えてきているゴミ屋敷の片付けのご依頼。業者に依頼する前にご自分で片付けられないか...まず考えてみましょう!

1、ゴミの量や片づけるまでの時間

2、ゴミの質

3、片付け方

4、処分の仕方

5、ゴミ片付け業者への依頼

6、片付け業者の料金相場

7、まとめ

1、ゴミの量はどの位?

部屋中のゴミを片づけると一言で言っても増えた理由がある筈です。下記の表を参考にどのような準備(時間・人数)が必要なのか考えましょう

ご自身で片づけた場合の目安となります。1名以上の表記の場合は友人、知人に手伝ってもらうことを前提にしております。また、所要時間はゴミ袋や段ボールにごみを詰めた状態でゴミ出し時間は含まれておりません

自力でゴミの片付けを行った場合の目安

間取りゴミの量必要人数所要時間
1K腰までの高さ1名1名で8時間~10時間
1DK腰までの高さ2名2名で8時間~10時間
2DK腰までの高さ3名3名で13時間~20時間
3DK腰までの高さ業者へ依頼しましょう
4DK腰までの高さ業者へ依頼しましょう

少なく見積もっても上記の人手と時間を要することになります。

2、ゴミの質

弊社の過去の経験からゴミ屋敷のゴミはどちらのお宅もほとんどが、ペットボトル、空き缶、衣類(衣類は意外と少ない)、コンビニ弁当の空き容器がほとんどです。貴重品はゴミの下のほうに埋もれており、片付け作業の前半ではほとんど出てこない状況が多いです。片付けで時間がかかってしまうケースが『食べ残し』や『飲み残し』が多い場合です。こちらが多いと我々業者でもかなりの作業時間がかかってしまうケースがございます。

 

3、ゴミ屋敷の片付け方

2、でご紹介したゴミの質の通りであれば、弁当などの空き容器は可燃・ペットボトル(資源)衣類(可燃)、空き缶(資源)などに分けながら、ゴミ袋に入れていきます。『各市区町村により異なる』相当なゴミ袋の量になることから事前にゴミの日を確認して一度に出せる量までの作業とします。(一度に大量のゴミを出すとクレームや収集車が持って行かない場合がある)この繰り返しとなります。注)1日で終わらせようとはせず、2週間や今月中など計画を立てて片づけましょう!

 

4、まとめたゴミの処分の仕方

まとめたゴミは行政のゴミ収集日に合わせて出していくのがベストですが(費用がかからない)、どうしても一度に処分したい方は、不用品回収業者に依頼してみましょう。有料ですが場合によっては、すぐに引き取りに来てもらえることもあります。※民間の不用品回収業者に依頼する場合の注意点として、事前にインターネットなどで優良業者を選んでおきましょう。

また、ゴミ袋の中に食べ物や液体、仕分けをせずただ詰めただけの場合は、不用品回収業業者でも引き取ってもらえなかったり、優良業者でも割り増し料金となることがあるので、しっかり、仕分けてから袋詰めすることをお勧めします。

良いゴミ回収業者の選び方はこちらから

5、ゴミ片付け業者への依頼

『自分では片づける自信がない』『一人では無理だが手伝ってもらえる人がいない』このような場合は、ゴミ屋敷の片付け業者に依頼すると良いと思います。弊社、株式会社スマップでも多数の片付けのご依頼が男女問わずありますが、大事なことは『どうやって片づけようか』よりも『今後同じような状態にならないために』が大事かと思います。また、ごみ屋敷片付け業者へ依頼する際は、業者選考する時間に余裕を持ってじっくり選ぶことが良いとおもいます。

6、ゴミ屋敷片付け業者の料金相場

ごみ屋敷の片付け相場は非常に難しくなります。ゴミの質・ゴミの量・搬出経路等により異なります。下記はあくまでも料金目安となりますので、実際は数社(2~3社)から見積もりを取り、料金やサービス内容で比較されることをお勧めします。

1DK70,000円~ 2DK120,000円~ 3DK180,000円~ 

 

 

7、まとめ

1、自分で片付けるか、業者に依頼するかまず決める。自分で片づけると決めたら絶対に片づける強い意志が必要。途中で業者に依頼した場合、苦労が報われない。

2、片付けた後は、2度と同じ状態にならないように決め事を作る。例えば、極端ですが、食べ物は一切、家には持ち込まない。全て外で済ませる。飲み物は飲み切る。部屋にゴミ箱は置かずにゴミ袋をおき(可燃・不燃・資源等用意する)袋がいっぱいになったら、必ず、ゴミの日に出すなどルールをきめることが大事かなとおもいます。『夜勤が多くてゴミの日になかなか出せなかった』『ついゴミの日を忘れてしまう』など皆さん理由はあると思いますが、自分で片づける、又は業者に依頼する等、方法はどちらでも良いと思いますが、一度リセットして新たな生活環境で過ごしてみてはいかがでしょうか?

ページの一番上へ