東京で不用品回収なら

株式会社スマップ

東京都杉並区和泉1-45-12 2F

電話受付8:00〜21:00・メール受付24時間年中無休

無料お見積り実施中

お気軽にお問合せください

優良な不用品回収(廃品回収)業者の選び方!!

不用品(粗大ごみ)を処分したいが時間がない大きな物量が多い、このよな場合は不用品回収業者に依頼するとよいでしょう。しかし、極端に料金が高い業者や乱暴な業者も多数存在していることから、回収業者選びが重要です!

1、不用品回収業者とは

不用品回収作業中の様子

不用品回収業者とは、会社や自宅で不要になった物を回収処分する民間業者となります。会社では、事務所の移転時に出るデスクやパソコン、ロッカー、書類等の不用品(廃品)、ご家庭では、処分に困るベッドやソファー、大型冷蔵庫、また引越しや遺品整理等で出る大量の粗大ごみの処分時に回収業者に依頼されることが多いようです。

1-1 不用品回収できるもの

ご家庭や企業で不要になった物(粗大ごみ)もほぼすべて回収、処分できるでしょう。逆に回収困難な物は、食品(食べ物、医薬品、ペットフードを含む)、中身の入ったスプレー缶、ペンキ、液体等があげられます。このような物も業者によっては、引き取り可能な業者もありますので、事前に確認するとよいでしょう!

2、不用品回収業者に依頼するメリット、デメリット

メリット・・・何といっても楽です。回収業者が梱包・運搬・処分すべてやってくれます。ご自分では特に面倒な作業は一切ありません

デメリット・・・費用が発生します。ご自分で可燃、不燃ごみとして指定場所に出したり、粗大ごみとして各市区町村に依頼するより割高となります。また、業者に依頼する場合は各業者によりサービスのばらつきや料金設定がまちまちです。法外な高額請求をされることもよく耳にします。そこでどの業者に依頼すればよいかが重要となるわけです。

3、業者選定の仕方

不用品回収業者に依頼する経験などあまりないのでどこに頼んで良いかよくわからないと思います。まずは、ご自分の周り(友人、知人)で依頼経験者がいないか確かめてみる事が大事です。もし、周りにいたら生の声(料金やサービスはどうだったか)を聞きましょう!こちらが一番確実な方法です。意外と周りに利用経験者の方がいると思いますよ。

3-1 候補業者の選定

回収業者選定方法として、①自宅に入っていたポスティングチラシ(新聞折り込みチラシを除く)、②自宅に入っていたマグネット広告、③スピーカーで大音量で巡回する軽トラック、④インターネットがあります。手段は様々ありますが、まず①~③は完全に除外することです。①②は広告料金をかなりかけて集客するタイプですから、回収料金は割高となります(相場の5割増しは当前で中には3倍、10倍の料金請求する業者も存在するようです)。③は回収者により料金はまちまちですが、回収したものを中には、不法投棄する者もいることから、避けたほうが無難です。

3-2 インターネットで業者を選定する際の注意点

『不用品回収』や『不用品回収 東京都』などの地域を含めたキーワードで検索すると沢山の回収業者がでてきます。ここで注意しなければいけないのが、広告を出している業者です。キーワード検索をして、ページの1番上や1番下に3つほど出ている業者です。広告のマークが入っています。こちらは広告料金を支払って掲示しているため、比較的回収作業料金が高い傾向にあります(すべての業者ではない)。

3-3 インターネットで業者を選定しましょう

キーワード検索をして、広告を出している業者を除いたら、2~3社ほどのホームページをよく確認します。ホームページの確認箇所は、料金体系が分かりやすいか?②見積もりは無料か?③スタッフはどんな人がいるのか?④所在地はどこか?実在しているのか?⑤どんなサービスがあるのか?⑥追加料金(オプション)は記載されているか等です。

3-4 インターネットで口コミサイトも確認しましょう

インターネットで口コミを検索します。検索方法は、『業者名 口コミ』や『業者名 評判』です。よく読んで料金に対する不満が掲載されていたら避けたほうが良いでしょう。

4、選定した業者に連絡してみましょう

室内梱包作業中の様子。

業者選定後は、電話(フリーダイヤル)もしくは、問い合わせなどのメールで連絡してみましょう。比較的急いでいる方は電話が1番。電話オペレーターの対応が悪い場合は、依頼しないほうが良いでしょう(今時、あまりないとは思いますが)。また、時間に余裕があって電話はちょっと・・という方は、お問い合わせメールから依頼内容を記入して送信してみましょう。2~3日経っても連絡が無い業者は、辞めましょう!

5、見積もり依頼するときの注意点

不用品の数が少ない(5~6点位、または、電話で説明できる範囲や量)場合、優良業者は総額料金をお電話で即お伝えするはずです。しかし、回収品が多岐にわたり、量も多い場合は、どの業者も現地見積もりが必要となります。

5-1 見積に訪れたスタッフをよくみる

スタッフをみたり、質問したりすることが大事です。ここである程度、優良な業者かどうか見分けることが可能です。注意ポイントは、①約束した時間通りに来たか、②服装や身だしなみ、③言葉遣い、④質問にわかりやすく答えているかです。④の質問は、後から追加料金がないか追加料金がある場合はどのような時か、マニュフェストの発行は可能か、回収できないものは無いか、別途費用はかからないか等を聞くとよいでしょう。歯切れが悪かったり、曖昧な返答の場合は要注意です。

6、見積書の見方

見積書は必ず発行依頼しましょう。初めて依頼する業者の場合は、後々料金トラブルを防ぐために事前に見積書をよく見ましょう。

見積書(見本)クリックすると拡大します。

6-1 見積は総額料金だけで判断してはいけない

見積書は総額料金だけでなく内訳『基本料金、処分費、運搬作業人数、車両費(○t車で何台)、オプション解体や吊り下げ、階段料金』等もよく確認しましょう。業者によっては人件費1名あたり50,000円なんてこともあります(水増し請求ですね)。

6-2 見積書のここが大事

見積書で備考欄等に『当日の追加料金の請求はいたしません』や『当日不用品回収品が増えない場合以外は追加料金はありません』など記入されていると安心ですね。もし未記入の場合は、記入依頼してみましょう。

7、依頼後、業者とトラブルになったら

弊社秋田スタッフ

不用品回収業者とのトラブルが多いワースト3

1位 料金トラブル(多額請求)

2位 約束した日に来ない。連絡が取れない。

3位 床や壁に傷をつけられた。弁償してくれない。

1位 ダントツで多いのが料金トラブルです。気を付けていても何かしらの理由を付けて追加料金を請求するタイプです。積み込みが終わってから請求してきたり、依頼主が断れない状況(当日明け渡し)等を狙って多額請求するタイプです。もし、このような事になったら強い態度で断りましょう!納得いかない請求には決して支払いに応じてはいけません。場合によっては警察に連絡し仲裁してもらうことも手段です。警察はもちろん、民事不介入ですが、その場を収めて良い方向へ導いてくれると思います。日本の警察は世界一優秀です。

2位 約束した日に来ない。連絡しても電話がつながらない。意外と耳にするのがこのタイプです。弊社にもよく『予約した回収業者が来ないので、今から来てほしい』とのご依頼がありますが、なぜでしょう? 恐らく(勝手な想像ですが)①とりあえず予約を取り、その日に別のもっと良い案件が入ったらそちらに行く。②予約を受けた日にスタッフ欠勤等の理由により、行けなくなった。このような理由ではないでしょうか?実際の理由はよくわかりませんが、このような業者の見分け方は、事前になかなか難しいのが現実です。

3位 床や壁に傷を付けられた。作業が乱暴な業者は論外ですが、傷を付けないように慎重に且つ、養生をしていてもミスによってこのような場合は起こりえます。事前に回収業者へ損害保険の加入の有無を聞いておきましょう。

8、 まとめ

広告などに多額の費用をかけている業者は避ける(料金が高い)。

◎見積もり時の対応(電話オペレーターや現地見積もりスタッフ)は良いか?

◎見積書は総額だけで判断しない(内訳も確認する)。

◎支払い時に高額請求された場合は、支払ってはいけない(警察や第3者に相談する)。

最後に、ごく一部の不用品回収業者によって業界のイメージが損なわれていますが、ほとんどの業者は真面目に適正な価格で丁寧な仕事をしております。依頼されるお客様は、事前に業者選定をしっかり行っていただければ、必ず『頼んでよかった』『助かった』と思っていただけると思います。

 

不用品に関するお問い合わせはこちらからどうぞ

9、番外編店長からのアドバイス

 

スマップ店長がお客様の立場になって

業者選びのコツをアドバイスさせていただきます。

※あくまでも私個人の意見です。

 

単品回収価格表示の有無

まず、不用品回収料金が明確か?確認しましょう!

不用品回収業者とのトラブルはやはり料金に関することのようです。

ある程度、ホームページを事前によく見れば、料金トラブルは防げます。

 

重要! 特に「単品回収料金が記載されているか」確認しましょう。

①例えば自転車1台の回収依頼の場合、料金が記載されているか?

②オプション(階段や解体料)等、分かりやすく記載されているか?

③単品回収料金が全て 1,000円や1,000円よりと全て記載されていないか?

 (サイズによって価格変動する物、テレビやタンス等は除く)

(軽トラ積み放題パック)チェックポイント

積み込み可能量を確認しましょう!

各社、同じ軽トラ積み放題でも積み込み量がまちまちです。2.5立米以上か確認しましょう。値段が安くても積み込み量が少ないと追加1台、「追加料金」が発生することとなり、逆に割高になってしまう場合があります。ご確認ください。また、別料金となる物や回収できない物も事前確認しましょう!質問に対して歯切れの悪い返答をする「不用品回収業者」には要注意です。

消費税を確認しましょう! 税込・税抜き

意外と見落としがちなのが消費税です。税込か税抜きか確認しましょう。

積み込みできないものを確認しましょう(追加料金)!

①本当に積み放題か確認しましょう

回収できない物の確認をしましょう。一般的には生ごみや、液体といったところですが、軽トラ積め放題サービスでは、テレビ1個まで金庫は別料金など、実は細かな料金規定が発生し、安いと思っても結局、追加料金が発生する場合があります。事前によく確認しましょう。その他、リサイクルやリユースできるものに限るというのも要注意です(要するにゴミは別料金ということです)。これらのような文章が書いてあれば要注意。100%追加料金となります。

②積み込み前に確認しましょう(1台で積めるか否か)

プロであれば事前に軽トラ1台で積み込めるか、2台になるか、作業前にお客様にお知らせするはずです。

最悪なパターンは、積み込み作業に入って、途中「お客さま、1台では積めません。全部積むには、もう1台追加しますか?」結局、2台分の料金を支払う。

1台で積み込めない場合もありますが、必ず事前にまともな業者は言うでしょうね。

 

価格表示に注意しましょう! ○○円~ ○○円より

軽トラ積み放題 28,000円 28,000円よりなど

よりが付いている場合、まずその金額ではなく、それ以上の請求となります。事前によく確認してください。

お電話ネット見積りで事前に確認することをお勧めいたします。

 

まとめ、その他、電話で事前に聞いておくべきこと!

壊れた家電も追加料金なしに積めるのか?

②タンスなどの大きな物は解体して他の物が沢山積めるようにしてもらうことも可能か?(この場合、解体費は幾らか?)

③積み放題で別途費用のかかる物積み込みできない物はないか?事前確認しましょう!

※とにかく、問い合わせた際、歯切れの悪い返答の不用品回収業者は依頼を避けたほうがよいでしょう!

 

ちなみにスマップでは壊れた家電も積みこめます。(もちろん、別料金なし)

不用品の量が多く、少しでも沢山不用品を積み込みを希望されるお客様には、タンスや食器棚、デスク等を解体させていただいております。この場合、解体料金は別途1,000円~3,000円をいただいております。

積み込みの際、食品や中身の入ったスプレー缶、液体はお断りしています。

中身を抜いていれば、スプレー缶や容器も回収可能です。その他、お薬や調味料もお断りしています。詳しくはオペレーターにお聞きください。 概ね98%は回収可能品です。

生前・遺品整理等

価格・口コミサイト

〇生前・遺品整理となりますと作業量、処分費が多くなり、お値段も高めとなります。各社で一番料金にバラツキがでてきます。少なくとも2~3社は相見積りをとりましょう。概ね1社あたり20分~40分で金額が出ます。半日時間をつくり1度で相見積りが終わるようにすると楽ですよ。

 

スタッフ・作業の質

残念ながら金額以外、作業当日までどんな人(スタッフ)が来るか、どんな作業(丁寧か、お客様の意向をどこまで聞くか等)かはわかりません。

お見積り時の担当者で判断するしかありません。

少なくとも会社の代表として来ているわけですから、ある程度その会社の社風は判断できると思います。

・身だしなみ確認・・服装、頭髪等清潔感があるか?

・話し方・・しっかりと敬語を使って話せているか?

・質問・・様々な質問にきちんと答えているか?

 つまり、お客様の立場になって考えているか?お客様の要望をメモしているか?等です。

お客様にとって良い業者とは値段が安い・作業が丁寧・要望を細かく聞いてくれる業者でしょう。

最終的には、作業終了後にまた機会があれば次もお願いしたいと思う業者でしょう。とにかく見積り担当者が来たら、金額以外もよくウォッチングしましょう。

また、事前にホームページをよく確認しましょう。

ホームページでスタッフの写真掲載のある業者を選ぶと良いでしょう。

ホームページである程度の判断はできると思います。

業者の中には仕事を取り、あとは別業者に丸投げするような業者もあるようですので、注意が必要です。

 

 

総合判断

で総合判断しましょう。

R社、K社、S社と見積りをとりK社が最安値、2番目がS社でS社の感じがよい場合、再度S社にK社の金額に合わせられるか、金額交渉してみましょう。

最後に最終判断として、値段ありきは避けたほうがよいかと思われます。(安かろう悪かろう)(安いと思ったが最終的には高くなった)等にならないように一通り不用品回収業者に聞いたら、最後は総合判断がお勧めです。

生前・遺品整理 30,000円(税込)~

 

詳しくはこちらをクリック

ゴミ屋敷・汚部屋30,000(税込)~

詳しくはこちらをクリック

老人ホームケアハウス飲食店もお任せください。

詳しくはこちらをクリック

帰国時引越し時の不用品処分お任せください。

詳しくはこちらをクリック

弊社サービスの流れ

お問合せからサービス提供開始までの流れをご説明いたします。

お問合せ

お気軽にお問い合わせください。

お電話、またはメールにてお問い合わせください。

オペレーターより回収のお品物、回収先ご住所等お伺いいたします。

 

メールでのお問い合わせにつきましては、ご質問等、ご自由にご記入ください。

無料相談・お見積り

お客さまとの対話を重視しています。

お客さまとの対話を重視することがモットーです。お客さまのお話にじっくりと耳を傾け、時間をかけて丁寧にヒアリングいたします。

常にお客様の立場に立って最善のプラン(最安値)をご提案させていただきます。

ご契約

弊社はフォロー体制も充実しております。

弊社では、お客さまにご納得いただけないままお手続きを進めるようなことは一切ございません。一つでもご不明点がございましたら、お気軽にお申し付けください。

お見積り後の追加請求は一切ありません。

不用品の回収

丁寧な作業をいたします。

お約束した日時に当店スタッフがお伺いします。

作業前に再度お客様と回収品のご確認を行った後、作業させていただきます。

お支払い

作業修了後のお支払となります。

作業終了後、お客様に回収漏れ等、無いかご確認していただきます。

ご満足いただけましたら、現金にてお支払いください。

 

 

 

                                                                          ▲ページの一番上へ